Loading

BLOG

プラチナシルバーのイヤーフックオーダーメイド

オーダーメイド専門のジュエリー工房Misabouです。

今回のオーダーは、イヤーフック

その名の通り、耳にひっかけて使うアイテムです。

耳全体を飾ることも可能ですし、引っ掛けるだけなので装着が簡単!

且つ、耳の形に合わせて作るので外れにくいのも特徴です。

プラチナシルバー

さて、そのイヤーフックを製作する素材はプラチナシルバー

「プラチナシルバー」は、プラチナではなく、あくまでもシルバー合金です。

通常のシルバーは、主に純銀+銅などの組み合わせで、加工し易く、且つ耐久性のある、

そして貴金属としての品位を持ち合わせたシルバー合金なのですが、

プラチナシルバーは、銅の代わりに数パーセントのプラチナと、パラジウムを銀と組み合わせた合金で、

通常のシルバーよりも変色し難いというのが特徴です。

あくまでも、変色し難いのであって、変色しないということでありません

悪しからず、ご理解ください。

今回、使う石にもこだわりがありました。

お客様お持込の石です。

専門業者さんへカッティングオーダーして、ご自身のご希望に合わせてリカット研磨してもらったそうです。

石名はアズライト

このようにブルーのみのアズライトは決して一般的ではなく、少し緑色が入っていたりするアズロマラカイトや、

アズライトでも、白色が混ざったような石などもっと斑な感じの石の方が一般的かと思います。

また、アズライトは硬度も低めで扱いにも要注意の宝石なんです。

色石は、奥が深い宝石です。

色味の好みや、形状、厚み、大きさなどご希望通りの石を用意するのも容易ではありません。

また、色石の場合、画像だけのやりとりでは伝えきれない事もあり、イメージしていた石と違う、、、

なんてことが起こる可能性も!

お任せいただけるのであればご用意は致しますが、今回のように条件がしっかりとある場合、

ご自身で実際に石を見てお求めいただいた方が間違いはないかと、、、。^^

ご購入にあたってのアドバイスなども必要に応じてさせていただきますので、その点についてはご遠慮なくご相談いただければと思います。

形状や仕様に応じての製作方法

今回、チャームの部分はワックスで型を作り、フックの部分はシルバーを直接加工してつくります。

デザイン画でイメージや全体のバランスなどを確認いただいたら、そのイメージに合わせて製作。

お客様より、

実際の石は、当初のイメージよりもシャープな形状での仕上がりになっているので、枠も石に合わせてシャープに、、、。

とのご要望をいただいたので、

最終のデザインは、こちの仕様に↓。

石の周りの余白、特に左右の部分が狭くなってシュッとした感じになったの、分かっていただけますか?^^

さて、ワックス原型から。

最初の画像にもあったように、持ち込まれた石は2個ありましたね。

なぜかといいますと・・・

両面リバーシブルといいますか、裏表がないような仕様にするためです。

デザインと石の特性を考慮して、石は接着で留めるようになる予定なのと、

石の立ち上がり部分の厚みも考慮して石が入る部分の立ち上がりは少し深めにとります。

そのため、側面の厚みがしっかりと出ています。

加工していただいた業者様から『石が脆いため、石留めの際は可能な限り頑丈に留めてもらうようお願いした方が良い』とのアドバイスをいただいたので、接着面は少し広めに取りたいと思っています。

というご指示もお客様よりいただいていたので、

接着面も、予定よりも更に多めにとるように枠を作っています。

細部まで細かくチェックをし、この枠に石がぴったりと収まるように微調整をします。

その模様は、次の動画でどうぞ~♪

1分程の短い動画ですので、サクッとご覧頂けます。

静止画像ばかりではなく、たまには動きのある画もお届けしたいと思います^^

フック部分は、お客様よりお預かりしたサンプルのフックの形状や太さを参考にシルバーで製作。

フックとチャームとを取り付けて溶接します。

バランスチェック。

うん、良さそう^^

完成

磨いて、仕上げて、メッキ仕上げをして、石を留めて、、、

完成です。

メッキは、ロジウムメッキ仕上げをしています。

ジュエリーの銀色のメッキとしては一般的に行われているメッキの種類で、科学的にも安定している金属で

酸化・変色もほぼ起こさないし、 耐食性、耐摩耗性、反射率などが優れている金属です。

このロジウムという金属は非常に硬くシルバーや金、プラチナのように型を形成出来ないため主にメッキとして使われています。

今回は、主にフックのシルバー部分の変色を防ぐ目的でメッキをかけています。

とはいえ、メッキも半永久的なものではないのでメンテナンスも必要にはなります。。。

石のサイズは、約18mm×11mm×4mm。

チャーム部分の大きさは、約30mm×15mm、厚みは最大約4mmとなっています。

石の周りの余白(凹状に一段彫り下げた)部分は、マット加工でツヤ消し仕上げに。

石の天地の向きや、表側にどちらの石を入れるようにするかも全てご指示をいただいた通りの仕様で仕上げてあります。

チャーム部分だけで約8g位(石除く)の重さになります。

ざっくりですが、少し丈夫めな指輪1本分位の重さでしょうか・・・。

最初にご相談いただいてから、専門業者さんへリカット依頼をなさって、

届いた石をお預かりして、枠製作、、、そして、完成へと。

延べ4か月にわたるオーダーメイドでした。

(Misabouでの実製作期間は、約1ヶ月)

イヤーフック自体のオーダーメイドは初めてでしたが、緊張感もありながらも

非常に楽しい製作期間でした♪

ご希望を形にするお手伝いをさせていただけた事に、心より感謝です^人^

あなたも、あなた自身の「特別」を形にしてみませんか?^^

Y様、ありがとうございました(_ _)

 

 

 

 

 最後まで読んでくださり、ありがとうございますn(_  _)n

 

new-toiawase1

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • Custom 1

友だち追加

Misabou Official Web Site>>https://misa-bou.com
*ご来店時、要予約

オーダーの流れ 制作実例 価格表 決済方法  


↓応援クリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 ファッションブログ ジュエリーへ にほんブログ村

ピンクシルバーネックレス | デザイン持込みオーダー

花モチーフのシルバーペアネックレス/アンスリウムとカキツバタ

関連記事

  1. 心を引き寄せる-磁石モチーフネックレス-プレゼント用オーダー

    2018.01.10
  2. 2つで1つペアネックレスオーダー|シンプルクロスVer.

    2017.09.05
  3. 派手さもあるシンプルな羽ネックレス

    2015.10.16
  4. マリッジリング(結婚指輪)デザイン違いのオーダーメイド

    2014.02.26
  5. 毎日身に着けたいシルバーネックレスーデザイン編

    2014.11.25
  6. LINEでオーダー♪メンズ用クロスネックレス

    2016.01.31

SCHEDULE

10月 2020
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 9月   11月 »
PAGE TOP